院内のご紹介


大和整骨院_待合室
待合
大和整骨院_受付
受付

大和整骨院_施術室
施術室も落ち着いた雰囲気。
大和整骨院_個室
個室もございます。


治療器のご紹介


Joyトレ専用機器

横になったままで自分で鍛えることが難しいインナーマッスルを鍛えられます。

 

シェイプアップも結果が早く、「脂肪燃焼⇒サイズダウン⇒基礎代謝の向上」という流れで、短期間で無理なく理想的なボディメイキングが行えます。

 

世界8ヶ国で特許を取得、世界が認めた波形。

皮膚に優しく身体が受け入れやすい高周波の電流を変化させてながら身体の深部に送り込みます。

 

脂肪や筋肉の厚さに左右されないクアトロインパクト※波形で、通常の運動で鍛えることが難しいインナーマッスル(深層筋)にまでアプローチします。

※クアトロインパクトとは、深層筋収縮を可能にしたオリジナル波形です。

大和整骨院_バーンコア
ランダム高周波電流マシン「バーンコア」


大和整骨院_超音波治療器
超音波治療器

超音波治療

超音波治療とは、痛みの強い箇所に的をしぼり、超短波エネルギー、熱エネルギーを集中する治療です。

身体の内側で効果を発揮します。

 

皮膚上でエネルギーが吸収されるお風呂やホットパックと異なり、超短波エネルギーが身体の深部に達し、熱を発生させ、痛みのある部位を直接温め、細胞レベルで振動させ、温熱効果により筋肉の痛み、むち打ち、捻挫、四十肩、五十肩、ぎっくり腰、肉離れなどに効果を発揮することが期待されています。

 

そのため、アスリートなどの間でも、痛みの無い身体をつくることを狙いとして使用している選手も増えています。



SSP療法

銀メッキをほどこした逆三角形で円錐状の電極をツボの上に置き、表皮を圧迫しながら電気を流し治療する方法です。

電極の形態から『刺さない鍼』と呼ばれ、鍼治療と同様の効果が認められています。
針によるツボ刺激効果と電気刺激効果を土台に開発されたのが、このSSP療法というわけです。

長期間行っても副作用がなく、鍼治療と比較しても、鍼が折れたり感染の心配がないため、誰でも安全に治療を受けられるというメリットがあります。

現在、アメリカ、ヨーロッパ、中国、ロシア、韓国、台湾をはじめ、多くの国々で治療に使われています。

 

この治療の適応は幅広く、頭痛・顎関節痛・頚部痛・五十肩・腱鞘炎・腰痛・神経痛・肩こり・股、膝関節症など、いわゆる疼痛性疾患はもちろん、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷など、外傷の後療法といったリハビリテーションの分野から、内科、産婦人科、小児科(夜尿症・消化不良・小児喘息)、歯科など各分野に広がっています。全身の体質改善にも効果があり、冷え症・不眠症・高血圧・食欲不振・便秘・下痢などの消化器系の症状や自律神経失調症の治療にも使われています。

大和整骨院_SSP治療器
SSP治療器

疼痛性疾患
・頭痛  ・顔面痛  ・頸痛  ・肩凝り  ・五十肩  ・テニス肘 
・手関節の痛み  ・手指のシビレ、痛み  ・手部腱鞘炎  ・胸痛 
・背部の凝り、痛み  ・腰痛、坐骨神経痛  ・股関節の痛み 
・膝関節の痛み  ・足のシビレ、痛み  ・アキレス腱の痛み  ・関節リウマチ 
・骨折  ・捻挫  ・手術後創部痛(開放性外傷)

その他
・全身調整  ・体力回復  ・足の冷え症  ・不眠症  ・自律神経失調症

『SSP療法』 兵頭正義 北出利勝著より


大和整骨院_干渉波治療器
干渉波治療器

干渉波治療

干渉波の効能・効果

 

痛み・コリを取り除く

肩周辺の筋の張り・腰痛・関節痛・神経痛。これらの痛みや張りは、筋肉の深部や骨の周辺からおこり、慢性化の状態を呈していきます。

痛みは細胞が酸欠状態になった時に起こり、張りはその部分に老廃物が溜まった時に起こります。
つまりこれらの原因は血行不良によるものです。
したがって、痛みや張りのある部分に干渉波を当てると、筋肉・血管が収縮・拡張を繰り返し、ポンピング作用による血流の促進により血液の循環を促し、慢性的な痛み・張りを解消します。
さらに、体内に複雑な電流を流すと、脳から鎮痛物質のエンドルフィンが分泌されることが分かってきました。これによっても、干渉波電流が痛みを軽減する鎮痛作用のある素晴らしい電流であることが分かります。
また鎮痛物質の分泌により、鎮静効果(炎症を抑える効果)も起こります。


神経麻痺の改善
筋肉は、脳からの信号(微電流)が神経回路で伝わり、その微電流で動いています。しかし、筋肉の使い過ぎや脳卒中になると、神経信号(微電流)が乱れ、しびれ・麻痺状態になります。干渉波は、電流を流すことにより、乱れた神経電流に刺激を与えます。また干渉波は、筋肉を直接運動させてくれるので、運動不足の解消になります。

自律神経の調整
内臓や血管の機能を司るための自律神経は、背骨の中の中枢神経から枝別れしています。自律神経に微電流(生体電流)が通っており、この微電流が、内臓や血管の働きを正常にしております。しかし、不健康な生活や、背骨の異常などにより、神経回路が圧迫されると、微電流が流れにくくなり、内臓や血管の働きを低下させて、色々な病気になってしまいます。